トップ > 営業支援ツールについて > 営業支援ツールのメリットと研修にかける時間

営業支援ツールのメリットと研修にかける時間

 会社の売り上げ数字を高める為には、部下に対してアドバイスするケースがあります。
営業部長として働いている方々は、部下に対して営業ノウハウを教えているケースも多いです。
そもそも営業活動が成果に結びつくかどうかも、知識に左右される傾向があります。
営業に関する専門知識があれば、成約に結びつきやすいからです。
ですから企業によっては、営業部長が時間を割いて研修しているケースもあります。
営業成績があまり芳しくない社員を呼んで、営業ノウハウを教える為に研修に時間を割いている企業も多いです。
ただ多くの時間を取られてしまうのは問題です。
確かにノウハウを教えるに越した事はありませんが、あまり研修に多くの時間を割かれてしまうと、機会損失になってしまう可能性があります。
研修は、なるべく手短に済ませるべきという声も多いです。

 ところで売り上げ数字を伸ばしたいニーズがある企業は、しばしば営業支援ツールを導入しています。
そのツールには色々な機能があって、例えば営業マンの行動管理です。
営業マンが現在どの場所にいて、どのような営業成績であるかも管理しやすくなる機能があります。
また支援ツールには日報のメリットもあります。
日報を集計しやすい機能が完備されているツールも、沢山あります。
それで業務量が大幅に減って、コストダウンに成功している企業も多いです。
売上数字を伸ばしたいなら、コストは軽視できません。
ツールを使用すれば、かなりコストを削減できる事も多いので、ツールの導入を前向きに検討している企業も増えてきています。
そして支援ツールには、上述の研修に関するメリットもあります。
短時間で研修を済ませられる機能があるからです。

 というのも支援ツールには、研修を支援してくれる機能もあります。
そもそも部下に研修するなら、分かりやすさは軽視できません。
会社に入って間もない従業員でもスムーズに理解できるように、分かりやすく話すよう心がけている上司の方々も多いです。
ところで分かりやすく伝える為には、図表などを活用する方が便利です。
言葉や文字だけで伝えるよりは、かえって図表を併用する方がやりやすい事もあります。
支援ツールには、その図表などを活用して部下に研修を行える機能が完備されている事もあります。
分かりやすいだけに、研修の時間を大幅に削減できる事も多いです。
部下が研修内容を理解してくれれば、比較的短時間で研修が終わるからです。
つまり営業支援ツールを使用すれば、研修時間を削減できる訳です。

次の記事へ