トップ > 営業支援ツールについて > 営業支援ツールのメリットと通知機能

営業支援ツールのメリットと通知機能

 顧客に対して営業活動するなら、タイミングは大切です。
顧客の都合にも配慮して、タイミング良くアプローチする必要があります。
というのも顧客によっては、少々忙しい事があります。
忙しいタイミングにアプローチしてしまうと、相手の心証を害してしまう可能性がありますから、注意が必要です。
例えば顧客が飲食店の場合は、昼休みの時間帯にアプローチするのは避けるべきです。
飲食店としては、その時間帯は大変忙しいからです。
むしろ昼過ぎなどの時間帯にアプローチする方が、顧客にとっては好都合です。
顧客が事務職の場合は、午後の14時あたりが好都合な傾向があります。
そのタイミングを見計らってアプローチする方が、営業成績も伸びやすいです。
ですから多くの営業マンは、よくスケジュール帳などを使用して、タイミングを見計らっています。

 ところで企業によっては、営業支援ツールを積極的に活用しています。
そのツールには色々便利な機能が実装されていて、その1つは通知機能です。
アプローチすべきタイミングになると、自動通知してくれる機能があります。
例えば、ある顧客は飲食業なので、15時30分頃にアプローチするのが望ましいと判断しました。
その場合、15時30分という時間を支援ツールに登録しておく訳です。
その後に、しばらく時間が経過して15時20分になりました。
その際に支援ツールの機能によって、上述の15時30分の予定を通知してくれる訳です。
なお登録する日程や時間帯などは、自由に変更する事もできます。
その通知機能を活用すると、うっかり忘れてしまうのも防止できるようになります。
タイミングを見計らってアプローチしたい時は、そのツールは大変便利です。

 紙媒体のスケジュール帳ですと、タイミングを見計らうのは少々難しいケースがあります。
というのも営業活動を行っていると、非常に多くの顧客と接する事になるからです。
顧客の人数が多くなりますと、アプローチするのをうっかり忘れてしまうケースがあります。
2人や3人ぐらいの顧客なら、うっかり忘れてしまう事はなくても、10人や20人ぐらいになると少々大変です。
アプローチするのを忘れてしまえば、せっかくの契約を逃してしまいかねません。
しかし営業支援ツールを活用すれば、自動的に予定を通知してくれますから、大事な契約を逃しづらくなります。
ちなみに支援ツールを導入する場合、費用もかかります。
しかし重要な見込客を逃しづらいメリットは大きいので、たとえ費用がかかっても、ツールの導入を前向きに検討している方も多いです。

次の記事へ