トップ > 営業支援ツールについて > 営業支援ツールの導入で会議が減る

営業支援ツールの導入で会議が減る

 多くの企業では、定期的に会議を行っています。
現状の問題点を解消するために、意見交換している企業も珍しくありません。
ただ会議には、時間の問題点があります。
会議には、多くの従業員が参加する訳です。
という事は、会議に参加すれば多くの従業員の時間を取る事になります。
従業員が働くにしても、人件費があります。
会議が空回りしていると、従業員の人件費が多くなってしまい、売上数字にも悪影響を及ぼしかねません。
ですから多くの企業には、会議はなるべく減らしたいというニーズがあります。
しかし営業成績が伸び悩んでいる企業ですと、なかなか解決策が見えてこないので、やむを得ず会議を開かざるを得ない事があります。
それでは人件費が拡大してしまいますから、少々困ります。
その場合、営業支援ツールの導入を検討してみると良いでしょう。

 営業支援ツールには色々な機能が完備されていて、例えば営業マンの行動を可視化できるメリットがあります。
営業マンがどういう行動をしているかも、管理職の方々が管理しやすくなる機能があります。
見える化したい時は、支援ツールを導入してみる価値はあります。
それと通知機能です。
支援ツールによっては、取引先の担当者とのスケジュールを通知してくれる機能があります。
重要なスケジュールを忘れづらくなりますから、その機能はとても便利です。
また営業支援ツールには、情報共有に関するメリットがあります。
いわゆる掲示板のような機能があって、従業員同士で意見交換する事も可能です。
何かアイディアがあれば、直ちに掲示板にアップする事もできます。
それで情報共有がスムーズになるケースも、少なくありません。

 情報共有の機能には、上述の会議に関するメリットがあります。
そもそも会議を行う目的の1つは、複数の従業員で情報を共有する事です。
情報を共有しておけば、営業活動もスムーズになる傾向があるからです。
しかし会議を開くのは、人件費などのデメリットがあります。
支援ツールを導入しますと、会議を開く頻度が大幅に減る事も多いです。
例えば掲示板で、何らかの意見を見かけたとします。
その意見に対して、自分のコメントを投稿する事も可能です。
そのやり取りは、会議とあまり変わりません。
結局は意見交換しているからです。
会議が不要になれば、人件費が無駄になってしまう事もありませんから、会社の売上数字も伸びるようになります。
ですから会議の件数が少々多いと実感している企業は、しばしば支援ツールを導入しています。

次の記事へ