トップ > 営業支援ツールについて > 営業支援ツールを選ぶポイントとカスタマイズ性

営業支援ツールを選ぶポイントとカスタマイズ性

 パソコンでデータ集計する時などは、しばしばツールのカスタマイズが行われています。
例えばデータ集計の際に、表計算ソフトが使われるケースはよくあります。
関数などを使用して、データを集計している方々は多いです。
ですが表計算ソフトは、初期の状態では使いづらく感じられる事があります。
文字の大きさや分かりやすさなどの理由で、少々使いづらいケースもある訳ですが、それもカスタマイズ次第です。
幸いにも表計算ソフトは、ある程度はカスタマイズする事もできます。
色々な編集機能も備わっていますし、所定項目をクリックして設定する事も可能です。
ですからソフトが多少使いづらくても、自由にカスタマイズできる機能があれば、十分便利になるケースも多いです。
ですからカスタマイズ性を基準にソフトを選んでいる方も多いです。

 ところで営業支援ツールを選ぶ時には、しばしば使いやすさが重視されます。
例えば、スピードです。
支援ツールによっては、読み込み速度があまり早くない事があります。
データを集計したくても、読み込みに時間がかかってしまうようでは困ります。
それと操作の分かりやすさの問題があります。
所定の操作を行いたいと思っても、操作をする為の負担が見つからないケースもたまにあります。
またボタンの場所は明確でも、クリックする数があまり多いと、少々使いづらいケースもあります。
しかし、それもツール次第です。
各ツールは、それぞれ操作の分かりやすさは異なります。
中には非常に使いやすいツールもありますから、無料お試しなどのサービスを活用して、各ツールの使いやすさを比較している方々も多いです。

 ところで使いやすさを重視するなら、支援ツールのカスタマイズ性も1つのポイントになります。
ツールによっては、比較的自由にカスタマイズできます。
各操作に関する設定機能が充実している支援ツールなら、自分にとって使いやすいように調整する事もできます。
例えばアイコンの位置や大きさなどのカスタマイズです。
ツールによっては、アイコンの位置を自由に移動する事もできます。
自分にとって使いやすい位置にアイコンを配置するだけでも、かなり使い勝手が良くなる事も多いです。
また支援ツールによっては、アイコンの大きさを自由に調整する事もできます。
やや小さくて使いづらい時には、アイコンを大きく設定する事も可能です。
しかしツールによって、そのカスタマイズ性は異なります。
ですから無料お試しなどでツールを比較する時に、カスタマイズ性に注目している方々も多いです。

次の記事へ