トップ > 営業支援ツールについて > 外回りの営業報告を効率化できる営業支援ツールとネット環境

外回りの営業報告を効率化できる営業支援ツールとネット環境

 外回りの営業マンの方々は、しばしば自社オフィスに報告をしています。
外回りで取引先のオフィスに訪問して、相手に営業をした場合は、自社にその結果を報告しなければなりません。
今なお多くの企業は、携帯電話を使用して報告作業を行っています。
商談してみた結果を、営業部長に電話で報告している企業は多いです。
ですがそのやり方ですと、色々時間がかかってしまう傾向があります。
携帯電話で話す方法ですと、営業部長としても多くの時間を取られてしまいます。
また通信コストの問題もあります。
遠くの場所から電話をかける場合、電話料金も高く付いてしまう事が多いです。
あまり業務効率が良くありませんし、営業のコストも高く付いてしまうので、悩みを抱えている企業も多いです。
しかし営業支援ツールを導入すると、その悩みが解消されるケースがあります。

 というのも営業支援ツールは、基本的にはWEBで報告する事になります。
電話ではありません。
その具体的な方法ですが、まず出先にいる営業マンはツールにログインします。
IDやパスワードなどを使用してログインしたら、営業結果をツールに入力する訳です。
入力したデータは、即座にツールに登録されます。
そして営業部長としては、その登録済みのデータを確認すれば、営業の結果などを確認できる訳です。
わざわざ多くの電話に対応する必要はありませんから、とても便利です。
またWEBで登録する方が、コストも低く抑えられる傾向があります。
遠方から携帯で電話をする方法ですと、どうしても通信費が高く付いてしまう傾向があります。
それよりもWEBで報告する方が、通信コストも低く抑えられる事が多いです。

 ただし、それには2つのポイントがあります。
まずネット回線が必要です。
WEBで活用するツールですから、ネット回線がなければ使用できません。
ツールによって営業活動を効率化したいなら、まずはネット回線の契約を済ませる必要があります。
もう1つのポイントは、モバイルのツールです。
少なくとも、営業マンはスマホを持っている必要があります。
タブレットでも構いません。
というのも出先で報告する以上、外出先でネット接続できなければ、ツールを使用できません。
ノートPCで使用する事も可能ですが、それでも出先でのネット環境は必要です。
しかしネット接続できるスマホがあれば、営業の報告がかなり効率化する傾向はあります。
コストダウンの効果も期待できますし、スマホを積極導入している企業も多いです。

次の記事へ